グローバリゼーション by MLOS

Content

2014年4月29日

フィリピンで新車購入ブームの兆し

フィリピンのマツダのディーラー
    市場調査会社ニールセンの調査によると、自家用車を所有しないフィリピンの世帯の割合は47%と世界でも最低ランクに位置している。 しかしながら、将来2年間の展望としてフィリピンの消費者が次々と新車を購入する可能性が非常に高いことを示した。 「フィリピンでの自動車需要が低い理由として、財政的な問題が挙げられる」とニールセン、フィリピン専...
2014年4月28日

ベトナム初のカプセルホテルがお目見え

ベトナム初のカプセルホテルHong Kong Kaiteki Hotel
  日本発祥のカプセルホテルが、ベトナムにも上陸した。 シンガポール、香港、中国など日本の独自のホテル形態であるカプセルホテルが開業している国があるが、ホーチミンにも新たカプセルホテルが登場した。 このHong Kong Kaiteki Hotelは、ホーチミン市で人気のファングーラオ通りにあり、60部屋あるという部屋の素泊まり料金はエコノミーカプ...
2014年3月31日

中国、インドのスマホメーカーが世界を席巻する日

スマートフォン出荷台数比較(アップル、サムスン、中印ローカルメーカー)
台頭する中印新興スマホメーカー 先進国のスマートフォン市場は既に飽和状態にあるため、中国、インドといった新興市場への売り込みに力を入れる企業が増えている。 ここ3年で、中国とインドのスマートフォンメーカーが力を伸ばしており、かつてのサムスン、アップル色一辺倒という状況は解消されつつある。 この図は、中国の主要ローカルメーカーHuawei(ファーウェイ)、ZT...
2014年3月20日

アサヒ、緑茶飲料でインドネシアマーケットを開拓

インドネシアで発売されたアサヒの緑茶飲料「ICHI OCHA GREEN TEA」
  以前、マレーシアでハラール(ハラル)対応の缶コーヒーWONDA(ワンダ)が発売されていることを紹介したが、同じくアサヒグループホールディングスはインドネシア大手財閥サリムグループとの合弁会社Indofood Asahi Sukses Beverage(IASB)より、インドネシア市場向けに緑茶飲料の販売を開始している。 商品名は「ICHI OC...
2014年3月17日

中国のスマートデバイス、7億台を突破

中国におけるスマートデバイス普及台数 2013年第1四半期 3億8000万台2013年第2四半期 5億台 2013年第3四半期 5億9000万台 2013年第4四半期 7億台
昨年比倍増、スマートデバイス7億台突破 アプリ分析会社の友盟によると、中国のスマートフォン市場は今や世界最大となっているという。 2013年末段階で中国で利用されているスマートフォーンとタブレット端末は7億台に及ぶ。2013年の第1四半期の台数が3億8000万台であったことを考えると、1年足らずで倍増したことになる。   最も売れているスマートフォ...
2014年3月4日

今、ベトナムでビール産業が熱い

ベトナムのビール消費量は東南アジア一
  ――東南アジア最大のビール消費国 ベトナムが東南アジア最大のビール消費国であることをご存知だろうか。 人口の大部分がビール愛好家であるとまで言われており、街中には、屋台型というか、ビアガーデンのようにオープンエアーで生ビール飲みながら食事ができる場所が多数あり、いつも賑わっている。 ベトナムではビールのことをビアホイと呼ぶ。 屋台で飲む生ビール...
logo

 

MOST POPULAR UPDATES

AUTHORS

picture

I never met a guy who started his speech with a magic trick! Yoshi told us "I am not a magician, I am just an entrepreneur." One really crazy CEO! Red Herring CEO, Alex Vieux

picture picture picture picture Social Network