グローバリゼーション by MLOS

Content

コンテンツ TOP » 矢野みねりの数字ではわからないタイを発信 » タイのマックディップとタイのナムチム文化について考える
2014年3月17日

タイのマックディップとタイのナムチム文化について考える

別にマクドナルドがそんなに好きではなのですが、時々無償にポテトが食べたくなる時があります。

タイにももちろんマックがあります。
どんな場末感が漂うショッピングモールに行っても必ずあります。

スマイル0円とは買いていませんし、
どっちかというと仏頂面の店員さんが対応してくれます。

そんなマックでの私の最近のお気に入りがこちら。

チーズ、クラッシックマヨネーズ、イタリアン、サワークリーム&オニオン

 

チーズ、クラッシックマヨネーズ、イタリアン、サワークリーム&オニオ

上記4つの味のラインアップ。
コレ…侮ってはなりません。意外とおいしい。
一バーツ高いですが個人的におすすめはチーズ。塩辛いチーズがまたポテトに合う。

もちろん健康面からはお勧めできませんが・・・。
塩分と脂肪分を取りすぎます。

次にサワークリーム、これはちょっと水分が多いですが、酸味が合います。
後の二つは別になくてもいいかな。という印象。

 

 

しかしタイ人が食べているところをあまり見ないのが不思議です。
たまたまかもしれませんが、ほとんど見かけません。

タイはナムチム(ソース)文化なので何でもかんでも味付けちゃう国民性。

たとえば、タイ料理をたべにいったらいろんなソースがついてきちゃいますよね。

何に使うんだ・・・これ?と日本人は混乱しますが、
タイ人は混乱も起こさず適材適所とばかりにテーブルに並んだもはや名前さえも分からないソースを使いこなします。

 

だからタイのマックにはディップがあるんだとばかり思っていました。
どうやらタイ人的にはトマトケチャップとフレンチフライの組み合わせが一番のようです。

 

そういえばタイのマックにはトマトケチャップが二種類ありました。
こちらは無料です。
なるほど・・・・。やはナムチム文化です。

 

あまりマスタードが人気ではなく、チリソースのほうが人気なのもタイらしい特徴ですね。

 

仏頂面の店員さんがソースを入れる小さなプラスチック小皿を2-3枚トレーに乗せてくれるのは、たくさんトマトケチャップを食べてくれよという事だったんでしょう。

こんなにトマトケチャップ食べないよ!と思っていたのですが、
最近すっかりタイ人化したのかケチャップを山盛り小皿に盛ってしまう自分がいました。
 

 

矢野みねり(やの みねり)
タイのリアルマーケットナビゲーター

タイ人と結婚してタイに住み始めて10年経ちました。タイ語、英語、日本語を話しバンコクで生活しています。
日本人社会とつながりを持ちつつも、居住地域が外国人居住エリアの外(タイ人中間層が住むエリア)に住んでいます。自らタイの中間層に属して、日々さまざまな商品やサービスを利用しています。文字通り生きたタイの中間層の生活情報を日々体験しています。
購買決定権の8割が女性にあるといわれています。タイは特に女性の力が社会的にも強く、経済力もあります。実際に消費にかかわる女性という立場でタイの中間層に属し、拡大していく中間層の数字では見えてこないリアルな生活をみなさまにお伝えします。

元CAが女性目線でタイのリアルをわしづかみ!
http://ameblo.jp/thaibkkcnx/

logo

 

MOST POPULAR UPDATES

AUTHORS

picture

I never met a guy who started his speech with a magic trick! Yoshi told us "I am not a magician, I am just an entrepreneur." One really crazy CEO! Red Herring CEO, Alex Vieux

picture picture picture picture Social Network