グローバリゼーション by MLOS

Content

コンテンツ TOP » 矢野みねりの数字ではわからないタイを発信 » すっかり道は通常通りになりました
2014年3月8日

すっかり道は通常通りになりました

BTSに乗った時に撮りました。ラーチャパソムの交差点です。右手がセントラルワールド、左がゲイソンズです。

 

BTSに乗った時に撮りました。
ラーチャパソムの交差点です。
右手がセントラルワールド、左がゲイソンズです。

 

チットロム駅周辺もアソーク周辺も本当に何事もなかったように通常通り。
シーロムも同時期に行ってみましたがこれまた普通通り。

 

あんな大きなステージも、大量の屋台も、テントもすっかりきれいに。
大音響でがなり立てていたあれがなくなるとほっとする反面、寂しいような。

意外とあっけない終焉でした。
大きな衝突はなく、まさかこのような展開になるとは・・・。

 

落としどころがないと見えたところが落ちる。
タイだなぁーと(笑)

 

一説では大きなお金が動いただとか、いろんな噂があります。
とりあえず市民生活を妨害するような状態はなくなっただけよかった。

 

しかし・・・・。
この状態を見て思うのですが【バンコクシャットダウン】の効果はあったのだろうかという疑問。

 

個人的思うのは、国民に一定のPRをすることはできたでしょう。
そしてステープ氏の主義主張をする場を設けることができたという点では有効でした。

しかし、市民生活には大きな犠牲がありましたし、
経済的打撃も大きかったわけです。

人がなくなったり怪我をしたりしました。

 

トータルで見ると、これは意味があったのか?というのが大きな疑問。
お祭り騒ぎで楽しそうではありましたが、それだけ。

外国人という立場から見るとただの迷惑なおっさんでしかなかったのでは?

 

 

そんなことを言っちゃえば主義主張なんてできない!という反論が聞こえてきそうですが、
市民に迷惑をかけ、国にマイナスのイメージを与えるような主義主張などしないほうがいいのではと思うのが私の個人的意見。

もちろんステープさんには個人的にまったく何の恨みもありません。

ただ、やり方がどうだったのか?
一つの思想の指導者としての彼の一連の行動のゴールはどこにあったのか?

そのあたりが疑問に思えるわけです。

 

 

タイ人的に長期的視点で見ないで、
短期的視点でインパクト重視で行動しちゃったんだろうな。
という事は想像に難くないのですが・・・。

 

翻訳すると「ノリでやっちゃった感」

 

これだけのおおきなことができるカリスマ性がある人なのですから、
残念な方向ではなく国全体が前進できる方向に進めたのでは?と思わずにはいられません。

 

タイ人は優秀な人もたくさんいます。
でもなんでかやり方がユニークすぎて・・・。ちょっと残念だなぁと思う人がたくさん。
ま、これは私の主観でありそれが彼らにとって絶対的に正しいのかは疑問ではあるわけですが。

思うに今回のことも鳥瞰図で物事が見られない、
というか見ようとしないタイ人の特徴のサンプルのようなもの。

タイの歴史から言って食物が豊かな国だけに短期的にしか物事を考えてこなかった。
絶対このことは影響している。そう確信します。

 

 

現在も食料自給率100%を超えるタイ。
でもやっぱり最後に笑うのは食料自給率が高い国です。
こんなことがあっても何事もなかったように復活してくるでしょう。

タイは腐ってもタイ。

タイ違いでもタイはやはり強いなぁとひとりごちてしまうのです。

 

 

 
矢野みねり(やの みねり)
タイのリアルマーケットナビゲーター

タイ人と結婚してタイに住み始めて10年経ちました。タイ語、英語、日本語を話しバンコクで生活しています。
日本人社会とつながりを持ちつつも、居住地域が外国人居住エリアの外(タイ人中間層が住むエリア)に住んでいます。自らタイの中間層に属して、日々さまざまな商品やサービスを利用しています。文字通り生きたタイの中間層の生活情報を日々体験しています。
購買決定権の8割が女性にあるといわれています。タイは特に女性の力が社会的にも強く、経済力もあります。実際に消費にかかわる女性という立場でタイの中間層に属し、拡大していく中間層の数字では見えてこないリアルな生活をみなさまにお伝えします。

元CAが女性目線でタイのリアルをわしづかみ!
http://ameblo.jp/thaibkkcnx/

logo

 

MOST POPULAR UPDATES

AUTHORS

picture

I never met a guy who started his speech with a magic trick! Yoshi told us "I am not a magician, I am just an entrepreneur." One really crazy CEO! Red Herring CEO, Alex Vieux

picture picture picture picture Social Network