グローバリゼーション by MLOS

Content

コンテンツ TOP » アジア ― ソーシャルメディア・IT・スマホ » LINE、WeChat世界各国で陣取りゲーム
2014年2月27日

LINE、WeChat世界各国で陣取りゲーム

昨日、LINEがビジネスカンファレンス、LINE Showcase 2014 Feb.にて「BEYOND LINE」をテーマに3つの新サービス「LINE 電話/LINE Call」、「LINE Creators Market」、「LINE ビジネスコネクト」を発表したことが話題になっている。

一方、LINEの強力なライバルとしてアジアでしのぎを削っている、中国発のメッセージングアプリWeChat(中国名:微信 Weixin)だが、アメリカ市場においては、LINEを一歩リードして、WhatsAppのライバルととして立ちはだかろうとしている。

 

LINEのユーザー数は3億7000万、一方WeChatは昨年、2億7200万の月間アクティブユーザーが存在することを発表し、6億ユーザーを超えていると言われている。

LINEの日本のユーザー数が5000万であることから、海外ユーザー数は約3億2000万、WeChatは6億のうち、日本国内にユーザーは1000万人もいないであろうから、海外ユーザー数は推計として約5億9000万はいるものと思われる。

日本国外へ目をむけるとWeChatのユーザー数はLINEの倍近い数値になっていることになる。

ただし、5億9000万のうち、3億8000万程度が中国国内のユーザー数と見られているので、日本、中国を除いた海外でのユーザー数においては現時点ではLINEがリードしていると見ることができる。

 

WeChatを運営する、中国を代表するIT企業、騰訊(英語名:Tencent テンセント)の国際ビジネスグループ副社長のPoshu Yeungは「これからもユーザーにシンプルでオールインワンを提供していきたい」と語っている。

WeChatは現在、水面下で欧米マーケットでのユーザー増加を狙い、報酬制度を導入している。
つまり、ユーザーの友人がメンバーになると報酬がもらえるようになっているのだ。
5人の友人にWeChatに登録してもらうと25ドル分のギフトカードがもらえるというものだ。

しばらくは、LINEとWeChat、そしてWhatsAppを含めた三つ巴の陣取りゲームが世界各国で行われていくことだろう。

 

Google Play通信アプリダウンロードランキング(国別)

国別Google Play通信アプリダウンロードランキング(App Annie)

 

 

アメリカ進出を狙うWeChat、その戦略とは

WeChat、ついに6億ユーザー達成

東南アジア スマホアプリランキング

logo

 

MOST POPULAR UPDATES

AUTHORS

picture

I never met a guy who started his speech with a magic trick! Yoshi told us "I am not a magician, I am just an entrepreneur." One really crazy CEO! Red Herring CEO, Alex Vieux

picture picture picture picture Social Network