グローバリゼーション by MLOS

Content

コンテンツ TOP » アジア ― ライフスタイル(データ付き) » 「競争力がある都市」1位は香港
2012年12月9日

「競争力がある都市」1位は香港

中国城市競争力研究会がランキングを発表した。
香港が昨年に引き続いて1位をキープ。2位 上海、3位 北京、4位 広州、5位 深圳(シンセン)と続く。

中國城市競爭力研究会が11年前から行っている調査で、経済、産業、貿易、インフラ、社会体制、環境、文化などから総合的に評価する。

香港はアジア地区の主要な金融センターであり、貿易、物流、観光、情報の中心でもある。世界で最も忙しいコンテナヤードを擁し、金の交易センターでもあることから、今後も国際的な地位は上がっていくであろうと見られている。

イギリスのエコノミスト誌の調査機関Economist Intelligence UnitとCity Groupが発表する「世界の都市競争力ランキング」においても、香港はニューヨーク、 ロンドン、 シンガポール に続いて4位である。
また、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドが先月発表したレポートでも、世界で最も土地代が高いショッピングエリアは、ニューヨークの5番街を11年ぶりに香港の銅鑼湾(コーズウエーベイ)が抜き、トップに返り咲いた。
コーズウエーベイの小売り向け不動産の平均賃貸料は、1平方フィート当たり年間2630ドル(約21万7千円)、日本最高値の銀座の1057ドル(8万7千円)と比べても倍以上だ。

上海と北京のGDPはすでに香港を超えてはいるが、香港が人民元国際化のプラットホームであるという地位は高く評価されている。
加えて充実した法治制度、成熟した社会体系、多くの専門家の存在も国際的な競争力を支える存在として忘れてはいけない。

銅鑼湾(コーズウエーベイ)を行きかう人々

世界の都市競争力ランキング(2012年)
1位 ニューヨーク
2位 ロンドン
3位 シンガポール
4位 香港
5位 パリ
6位 東京
7位 チューリヒ
8位 ワシントン
9位 シカゴ
10位 ボストン

logo

 

MOST POPULAR UPDATES

AUTHORS

picture

I never met a guy who started his speech with a magic trick! Yoshi told us "I am not a magician, I am just an entrepreneur." One really crazy CEO! Red Herring CEO, Alex Vieux

picture picture picture picture Social Network