グローバリゼーション by MLOS

Content

コンテンツ TOP » アジア ― ソーシャルメディア・IT・スマホ » LINE、ゲーム以外のアプリで収益世界一
2014年2月2日

LINE、ゲーム以外のアプリで収益世界一

2013年iOS及びGoogle Playアプリ  パブリッシャー別収益ランキング(ゲームを除く)で世界一になったライン

 

昨年11月に3億の登録ユーザー数を突破し、ユーザー数が増加しつづけるメッセージングアプリLINEだが、最新のApp Annieのレポートによると、2013年、iOS及びGoogle Playにおける収益(ゲームアプリを除く)にて世界一に輝いている。

まずは、ゲームアプリを除いたアプリのダウンロード数において、LINEは世界6位につけている。
1位と4位にはFacebookのアプリがランクインしており、LINEと同じく、メッセージングアプリであるWhatsAppとSkypeがLINEよりも上位につけている。


2013年iOS及びGoogle Playアプリ ダウンロード数ランキング
(ゲームアプリを除く)

順位 アプリ名(ジャンル)
1位 Facebook (SNS)
2位 WhatsApp Messenger (メッセージング)
3位 Skype (メッセージング)
4位 Facebook Messenger (メッセージング)
5位 Instagram (SNS)
6位 LINE (メッセージング)
7位 Twitter (コミュニケーション)
8位 YouTube (動画共有)
9位 Viber (メッセージング)
10位 WeChat (メッセージング)


2013年iOS及びGoogle Playアプリ パブリッシャー別ダウンロード数ランキング
(ゲームアプリを除く)

順位 パブリッシャー (国)
1位 Google (アメリカ)
2位 Facebook (アメリカ)
3位 Sungy Mobile (中国)
4位 Outfit 7 (キプロス)
5位 Microsoft (アメリカ)
6位 WhatsAPp (アメリカ)
7位 Apple (アメリカ)
8位 Tencent (中国)
9位 LINE (日本)
10位 Baidu (中国)

 

実際のアプリから得られる収益を、パブリッシャー別に見てみると、アメリカのパブリッシャーが多く並ぶ中、LINEが1位になっている。

2013年iOS及びGoogle Playアプリ  パブリッシャー別収益ランキング
(ゲームアプリを除く)

順位 パブリッシャー (国)
1位 LINE (日本)
2位 Pandora Media (アメリカ)
3位 Apple (アメリカ)
4位 Disney (アメリカ)
5位 comiXology (アメリカ)
6位 TomTom (オランダ)
7位 Zoosk (アメリカ)
8位 Time Warner (アメリカ)
9位 Badao (イギリス)
10位 Garmin (アメリカ)

 

ただし、App AnnieのデータはGoogle PlayとApple App Storeから算出しているようだが、中国国内のアンドロイドアプリはGoogle Playからのインストールに制限がかかっているため、中国での正確な数値を把握することは難しい。
その結果、中国のメッセージングアプリWeChatを提供するテンセントの結果は正確に反映されていない可能性がある。
テンセントは昨年から、ステッカー(日本ではスタンプと呼ばれている)、ゲーム、アプリの決済で収益を出し始めているので、もしかすると実際にはテンセントが上位に食い込んでいるということも考えられる。

いずれにせよ、2014年は勢力図に新たな変化があるかどうか楽しみである。

 

LINE、アメリカは二の次、ラテンアメリカへ

LINE、インドネシアでも好調

LINEがタイでテレビCM放送開始

WeChat、3ヵ月で5億7000万のゲームダウンロードを記録

logo

 

MOST POPULAR UPDATES

AUTHORS

picture

I never met a guy who started his speech with a magic trick! Yoshi told us "I am not a magician, I am just an entrepreneur." One really crazy CEO! Red Herring CEO, Alex Vieux

picture picture picture picture Social Network