GLOBALIZATION By MLOS

Read Article

イスラム教圏消費者調査サービス提供の開始

株式会社マルチリンガルアウトソーシング(本社:東京都千代田区 代表取締役CEO:石倉良和)は、新たな巨大市場として世界的に注目を浴びるイスラム教圏に特化した消費者サービスの提供を開始します。

イスラム教圏
イスラム教圏とは、イスラム教徒(ムスリム)が人口の多数を占める国々を指し、世界の人口の約4分の1にあたる16億~19億人の巨大市場です。

イスラム教圏市場規模
イスラム教圏市場全体    約200兆円

イスラム教圏食品市場    約60兆円

イスラム教圏海外旅行市場  約12兆円

ハラール(ハラル)
ハラールとはシャリーア(イスラム法)で「合法的な」、「許された」という意味を表すアラビア語で、イスラム教徒はイスラム法を規範として生活をしているため、食料品、日用品に関してもハラールな製品の消費が原則となります。
ハラールは英語ではHALALと表記される。

イスラム法では豚を食用にすることを禁じており、イスラム教徒は豚肉、豚脂、ゼラチンなどの豚由来の成分を食することができません。 アルコールやそれを使った保存料、調味料の摂取も禁じられており、この他にも食用の動物の屠殺方法、運搬、保管、製造方法に至るまで戒律が存在します。

イスラム教圏全体で統一された基準では ありませんが、国、地域ごとにハラールに関する基準が設けられており、各国の期間がハラールの認定を行い、イスラム教圏で販売される食品、化粧品など直接肌にふれる日用品に至るまで、イスラム法上適合製品であること、つまりハラールが求められています。

イスラム教徒は戒律上、ハラール認証を受けた製品の購入を望むため、ハラールマーケットと呼ばれる市場が出来上がっています。

当社は2006年よりバングラデシュ、パキスタン、インドネシア、モロッコなどのイスラム教圏とBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)ビジネスにて密接なコミニュケーションを取り続けてきました。
イスラム教独特の生活習慣の存在する国々の消費者動向を掴むため、イスラム教圏にて培ってきた知見と海外調査サービスを組み合わせ、イスラム教圏消費者調査サービスを提供します。

イスラム教圏消費者調査

– 調査対象地域 –

【アジア】 インドネシア / バングラデシュ / パキスタン / マレーシア / シンガポール / インド
【中東】 アラブ首長国連邦 / イスラエル / サウジアラビア / トルコ / ヨルダン
【アフリカ】 エジプト / アルジェリア / モロッコ / スーダン / チュニジア / ナイジェリア

これらの地域における定量調査、定性調査、メディア調査等のサービスを提供します。

・オンラインアンケート調査
・グループインタビュー 
・デプスインタビュー
・街頭調査
・CLT(セントラルロケーションテスト)
・ホームユーステスト
・店舗調査
・メディア調査

イスラム教圏消費者調査のご案内

  
  ■ 本件に関するお問い合わせ
  株式会社マルチリンガルアウトソーシング
  広報担当: 佐藤
  TEL:03-6689-0532   FAX: 03-6689-0571   E-mail: info@mlos.jp

その他のお知らせ

Return Top