GLOBALIZATION By MLOS

Read Article

Vol.4 『日本に住むムスリムの生活事情 』~ハラール編(1)~

gc_004_01
最近、日本でも言葉を聞くようになった「ハラール(Halal)」。「ハラール」とは、イスラム法で、「許された」や「合法の」を意味します。
よく知られたところでは、豚肉やアルコールはムスリムが口にしてはならないもので、イスラム法で「ハラーム(Haram)」と言います。「ハラーム」は「禁止」という意味です。

日本に住むムスリムの皆さんにお集まりいただき開いた座談会。今回は、「ハラール(Halal)」について、主に日本での食事をテーマにお話しを伺いました。

 

■参加者プロフィール
gc_003_profile

 

日本に住むムスリムが最初に覚える漢字

 

― 日本へ来てから、食事について困ったエピソードを聞かせてください。

 

gc_004_02ノザ:私は英語はできますが、日本語は”あいうえお”も最初はわかりませんでした。お店に行くと何でも漢字で書いてあって、食べ物も漢字で、最初は大変でした。「油」だと思って買ったら「みりん」を買っていたこともあります。

アフア:私もあります!色がそっくりだから!

ノザ:ウズベキスタンは、23年前に独立して、それまではソビエトの中でした。だからイスラム教のお祈りはすることはできませんでした。

その時、私は子供だったのですが、イスラム教のことについてはあまりわかりませんでした。独立後、お祈りすることができるようになったり、食べ物もルールも分かってきました。アルコールを飲む人もいれば、飲まない人もいるし、豚肉を食べる人もいれば、食べない人もいます。いろいろな人がいます。私は、ウズベキスタンにいた時は1日に5回お祈りをして、豚肉も食べないし、アルコールも飲みませんでした。

日本に来てから、豚肉や豚の脂がよく料理に使われていることがわかりました。日本語を勉強しないと何を食べているかわからないので、日本語を勉強しようと思いました。

一番初めに覚えた漢字は「豚」でした。漢字はその時まったくわかりませんでしたが「豚」という漢字だけまず覚えました。パンを買う時にも「豚」の漢字が書いてなければ大丈夫!と思って買うことができました。

 

― アフアさんとカジさんも、日本へ来てすぐに覚えた漢字は「豚」ですか?

 

アフア:はい。それと「酒」です。

ノザ、カジ:(笑いながら、うなずく)

カジ:とりあえず、私達が商品を見て確認するのはまずこの「豚」と「酒」の2つの漢字あるかどうかです。この漢字が入っているとアラートサインような、デンジャーサインのような(笑)
この漢字が一字でも入っていたらダメです。

 

気を付けるのは「豚」と「酒」以外にも

 

― ムスリムの方たちは、日本語があまりできなくても、最初は「豚」と「酒」という漢字を記号のように覚えるのですね。

 

全員:そうです(笑)

gc_004_03カジ:私の国、バングラデシュは、だいたい90%近くの人たちがムスリムです。だからどこへ行っても牛肉やチキン、食べ物は全部ハラールです。アルコールもどこにでも売っているわけではありません。他の国も当然同じようなシステムだと思っていました。

来日してすぐにマクドナルドのチキンサンドを食べました。日本のマクドナルドもハラールのチキンだと思っていたのです。幸いなことに、日本に前から住んでいる友人がいて、彼と来日2日目にスカイプ(電話)で話す機会がありました。その時、何を食べたかを聞かれたので、「マックのチキンサンドを食べたよ。おいしかった!」と話すと、「えー!それはハラールじゃないよ!」と言われて。日本のチキンはハラールじゃないということに、びっくりしたんです。

そこから、私の勉強は始まりました。バングラデシュでは、ハラールの食べ物が当然だったので、ハラールのことについてあまり深く考えていませんでした。日本のチキンは祈って処理をしていない、そこが問題だと聞いて。友人に「どうやってチキンや牛肉を食べているんだ」と聞いたら、ハラールの食品を売っているところがあって、そこで買って食べていると教えてもらいました。友人は長く日本に住んでいるので、いろいろ知っています。

前にも、その友人からあるコーヒーを「そのコーヒーはだめだよ!」と言われたことがありました。でもコーヒーは植物性でコーヒー豆から作られているし、牛乳だから牛を殺すことはないし、なぜダメなのかがわからなかったのです。そしたら友人が、そのコーヒーには「乳化剤」というものが入っていて、乳化剤でも動物性のものがあると。びっくりしました。

gc_004_04アフア:豚由来の乳化剤がありますよね。

カジ:コーヒーでも、動物性の乳化剤を使っているものがあると知って、今はブラックコーヒーか、ちゃんと中に入っているものを確認してから飲んでいます。

アフア:コーヒーだけではなくて、お菓子とかも、乳化剤を使っているものがあります。

カジ:ケーキとかも。日本は乳化剤を使っているものが多いです。だからちゃんと確認しないといけないです。英語だと、乳化剤のことを”Emulsified”と言って、イギリスの場合は、使っている乳化剤の番号が書いてあります。その番号を調べると、植物性の乳化剤なのか、動物性の乳化剤かが分かります。でも日本の場合は、ほとんどは「乳化剤」としか書いてなくて。だから作っているところに電話をかけて問い合わせないと、何から作られている乳化剤なのかわからない。

最初はただ「豚」か「酒」、この2つの漢字が入っていなければOKだと思っていました。でも、次の段階では「乳化剤」にも気を付けなくてはならないと知って。その時から、気を付けなくてはならないことがもっとあるということがわかってきて、困りました。

あと、ヨーグルトとか、フルーツ入りのもので、「ゼラチン」をいれているものがありますが、それも食べれないです。「ゼラチン」は豚由来なので。あるパン会社は、焼く時にトレイに動物性の油を使っていますので、全部の製品が食べれません。パンの中には動物性の油を入れていないので、材料にも書いてありません。

アフア:あるチョコレートも、もともとハラールでしたけれど、去年からは豚由来のものが入っていて、それも情報を更新しないとなかなかわからないですね。

カジ:あー、それは知らなかったです。

 

― そういった情報はどのようにして入手しているのですか?

 

カジ:直接問い合わせています。インターネットは、情報が豊富ではありません。

アフア:インドネシアはインドネシア語のウェブサイトがあって、インドネシア人が問い合わせて聞いた情報をインドネシア人同士で共有しています。

カジ:Facebookやいろいろなウェブサイトに、写真付でこれがハラールで、これがハラームと載っているのですが、情報はいろいろなところにバラバラにあって、全部まとめたサイトがあったらいいなと思います。例えば、このメーカーのこの商品はハラールかどうか検索できるサイトがあったらとっても助かります。

 

> Vol.5『日本に住むムスリムの生活事情 』~ハラール編②~に続く

 
弊社では、日本に住む外国人パネル、モニターの提供サービスを行っています
お問い合わせはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Facebookでコメント

Return Top